FC2ブログ
銀河が消えた・・・。
東京⇔大阪を結ぶ寝台急行『銀河』。
新幹線の最終より後に出て、始発より先に着く、ビジネスライクな列車でした。

私は本当に良く使いました。
大阪へ行くときも、東京へ行くときも。

A寝台1両と後は全部B寝台という本当にシンプルな編成で、ヘッドマークも無い、
本当にビジネスライクな列車でした。その無愛想さは決して旅の楽しみを演出する
わけでなく、ただ、寡黙に大阪と東京を結ぶ一つの列車でしたが、その地味さが
なんか親近感があって大好きでした。

大阪で応援演奏があって、楽器抱えて寝たこともありました。
接待の後、そのまま寝っ転がって気がついたら大船だったこともありました(笑)。
環状線などが遅れて、大阪駅で私一人を待っていてくれたこともありました(涙)。

いろんな意味で思い出深い列車です。
同時期になは・あかつきも姿を消しましたが、10回以上利用したこの列車がなくなる
のは本当に寂しい限りです。

決して乗車率は悪くありませんでした。
50%以上はあったと思います。
毎回1階ベッドがほとんど埋まるぐらいでしたから。
もっと閑散とした夜行列車もあると思いますが、それに比べればいい方です。

客車の耐用年数をはるかにオーバーして使用していたり、JR東日本にとっては
通勤時間にかかるときに銀河ではなく東海道線の通勤列車を1本でも多く走らせ
たいでしょう。

さようなら、銀河。
ありがとう、銀河。
最後の雄姿は見れなかったけど、何回も乗った思い出は忘れません。

いつか。
いつか。
復活してくれることを夢見て。
スポンサーサイト




【2008/03/15 23:36】 | 鉄道
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック