FC2ブログ
一昨日。
楽団の定期演奏会があって、その後の打ち上げに参加。
終電間際までカラオケで騒いで
時計を見ると、をっとヤバいぜー。
明日は小田原まで梅撮りにいこうと約束してるから早く帰らないと。

んじゃ、お先っ!

とお店を出て駅まで行ったのはよかった。
終電一本前の発車ベルが鳴る。
切符を買って、それ、急げ!
踏み出した瞬間、

っっ痛ってぇ~っ!

上から重たいものが左足のふくらはぎに落ちて当たったような痛み。
あるいは蹴られたような・・・。

思わず後ろをみて、

何も落としてない、よな、?

カバンもきっちり閉まってる。
確認して前に行こうとするけど痛くてまともに歩けない。
どうにかこうにか階段まで来たけれど、座り込んでしまった。
次は30分発の最終。これに乗らなきゃ帰れない。

ホームまで降りて、ベンチに座りながら考えた。
"足がつった"なら、もう痛みは引いてもいいはず。でもどんどん悪くなってる。
体重をかけることもできない。
これは、ひょっとして肉離れってやつかΣ(゚Д゚;???

今まで演奏会もこなし、打ち上げ2次会まで騒いでいたのに何でいきなりこんな
ことが起こったのか、自分の中でまだ分かってない。

とにもかくにも電車には"ケンケン"で飛び乗り、乗換駅(終点)へ。
しかし、ここで降りたもののもう歩けるだけの痛みを超えてしまっていて、かなり
厳しい状態。脂汗まで出てきた。駅員さんがさすがに見かねて「どうしました?」
と聞いてくれ、「かくかくしかじか」と伝えると、救急を呼んでくれるとのこと。

生まれて初めて担架に載せられ、救急車で運ばれました
今まで外からしか見たことのない救急車は新鮮な体験。

某大病院に連れてこられ、やっぱり肉離れと診断。
若い人には太ももが多いらしく、「あれ?太ももじゃないんですか?」
さっき救急の人が「ふくらはぎ」だって携帯で話してたでしょーが。
足の固定と湿布、包帯巻き。んで、松葉杖。

えー、触診だけですか、
レントゲン撮らないんですか???
いーんですか、そんなんで。


まーこっちも大げさにされると逆に不安にもなっちまうんで、"その程度"で済まして
いただく方が費用共に気持ちも落ち着きますが。

靴、履けません。
入れる袋、コンビニの袋くらいどっかに置いといてくれたらいいのに。
タクシーまで自分で呼ばされた(ケチ!)
一時診察料5,000円、松葉杖保証金5,000円、タクシーまで4,600円(深夜3割り増し)。
飲んでもないのに、スナック行ってないのに、なんで一晩で15,000円やねん。
(#゚Д゚)

こんなことなら、騒いでた先で泊まった方が安かった希ガス・・・。

しばらくはビッコひきひきの生活です。
スポンサーサイト




【2007/02/13 23:25】 | 普段の日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック