FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年も明けたので少し書いていきたいと思います。

某社、としておきましょう。

また、どこの営業担当かは皆さんの想像にお任せします。

これに関するコメントへの固有名詞等は控えていただきますようお願いいたします。

もし、記載がありましたら削除させていただくことがありますので、ご了承願います。


昨年、ある買い物をしました。

迷っていたものでしたので、実際に行って見てみないといけないと思い、訪問し、

色々お話をお伺いしました。

私の置かれている状況、生活スタイル、そういったものを含めて考え、いいアドバイスを

くださるすばらしい方でした。その方から買おう!と決めました。

ところが、担当は途中で突然替わりました。

その製品の納期約1ヶ月前だったのではないかと思います。

旧担当者さんには大変お世話になり、今でもお話しています。

後日おやめになった理由を聞くと、待遇改善要求と業績アップ指示に対する営業活動

のやり方の変更を依頼したことでいきなりクビになったそうです。

要は社長の気に入らない話をしたためにいきなり切られたということだそうです。

小さな会社ですからね、組合もありませんし。

ただし、労働基準法に抵触しそうだなと思いましたが。

リストラではないことは事実です。その後社員旅行も行ってましたので。


担当変更になったにもかかわらず、一切連絡先や担当変更の連絡はありませんでした。


契約書は社長名でもらっていました。

その中に、これだけの価値のものを組み込んでおります、という記載がありました。

しかし、その部品が私にとっては使いづらく、しかも拡張性が無いために交換せざるを

得ないものであったため、新担当に相談。

ところが、現状そのものの価値は契約書に書かれている額面より低価なため差額が

必要になると言われました。

私は契約書に書かれていることと異なるため、あわせてもらって、差額なしとすべきである

と主張しましたが、『契約書の書式が決まっているので自動的にその額が印刷される』

と開き直った回答。おまけに、その差額が異常に高い。

ここから話は平行線をたどります。

その時、その営業が私に言った言葉。

『社長からこれで行けと言われていますので。』

『お金が無いから払いたくないんですか?』

『他部署のものにも聞きましたが、あなたの理屈は分からないと言ってました』

『私にどうしろって言うんですか?』

私が顧客の立場に立ってどういったことをすれば問題解決するか考えるのが

営業の役目だろう、と話をすれば、

『あなた、私の上司じゃないんですから、説教されても困るんですが。』

顧客よりも上司が大事。

顧客からの説教を自分の糧にできないような営業、存在しても意味が無い。

『お金が無いから~』の台詞には思わず、納得できんことに払いたくないだけじゃ

と言ってしまいましたが(笑)

他部署の人も逆らえば切られると思って同意しただけじゃないでしょうか。

結局、製品の納期が遅れると大変なため、グッとこらえてなんの変更もしませんでした。


そんなやり取りの後、会って話す機会がありましたが、まぁ、愛想の無いこと甚だしい。

こちらはつとめて普通に接しているのに。人間ウォッチングが得意な妻もすぐに察知。

あれだけ露骨に出す人間が営業でやってるとは。


先の営業さんがとてもまともな話しをし、今までその人から買った人は皆感謝している。

私たち顧客はその会社から買うんではない。

その担当から物を買うのだ。

営業は上司に育てられるのではない。お客様から育てられるのだ。

顧客に頭を下げられないような営業は最低。

それを理解していない社長と営業。

まともな人間を切って、私に対するような営業をしていたのでは到底長く続かないだろう。

本来、今回"同時納入"してもらったものは、その製品を使用後、必要であれば追加しませんか

と先の営業さんに言われていましたが、いつつぶれるか分からない会社と感じ、同時納入を

依頼した次第です。

少なくとも、14年間会社の代表として営業をし、今も各患者様に対し個々のアドバイスを行って

いる私の営業の鉄則は、

・顧客が一番、まずは話を聞き真摯に対応する

・クレームは逆に喜ぶべきこと 売るより優先して対応する

口下手でもいい。どれだけこちらの思いを感じ、それに沿うような営業ができるか。

これが一番大事なことです。

何より、売る製品の弱点を知らないのはどうしようもない。

自分が使ってないのですから、話しようもない。


今、私は彼らに決して感謝はしていない。どうせ売ったほうも義務を果たし、金が入ったので

どうでも良くなっているでしょう。支払い時に、これだけ払っても先の営業さんに一銭も

入らないのがすまない気持ちで一杯でした。

普通なら、私も途中で契約解除しているところですが、今回はもろもろ後にひけなくなって

いたこと、何より先の営業さんの気持ちを酌んでのことでした。

その製品にトラブルが発生したときは対応してもらいますが、それ以上追加だとか相談とか

したくありません。


仕方ないので、その製品の同業他社の方に上記説明の上相談等しています。

自分の話したことがおかしいのか。

いいえ。皆さんは私の話に納得してくださいます。


こんな社長と営業がやってる某会社があるってこと、皆さんに知ってもらいたいと思いました。

ノンフィクションです。

たぶん、営業担当とトラブると絶対折れません。とても嫌な気分になること請け合いです。

そういう会社から物を買うのは私はリスキーだと感じています。

半ば自己責任で後のことを相談できる人を見つけておかないといけないと思います。

その製品がどれだけ良いものであったとしても、売る人間によって死ぬこともある、といういい例だと感じました。

そういう意味では勉強できたと思います。

皆さん。

買い物の時にはきちんと人を見てから買ってくださいね。
スポンサーサイト

【2012/01/05 00:25】 | 普段の日記
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/07(Sat) 10:09 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/05(Thu) 22:16 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。