FC2ブログ
妻との思い出の場所・・・

結婚前、二人で壮大な北東北の旅に出ました。

そのときの記事は2006年の8月、旅行記①~⑧に記載しています。

そのうち、

宮古の記事

三陸鉄道と八戸線の記事

は、もろに今回の被災地。

三陸鉄道も現在一生懸命復興中。

今は観光目的で行くことはできないけど、そのうち通販などで物販買って遠巻きながら

支援したいと思います。

どうかまたあの元気に走る列車を見せてください。

海を見ながら乗れる、あの列車にまた乗りたい!

高千穂のようにならないよう、願ってやみません。


また、宮古市内の割烹・沖。

おじさん、おばさんは無事だっただろうか。

まだ電話もかけていません。

実はGoogleMapの衛星写真が更新され、すでに震災後の写真になっています。

これを見る限り、お店周りにもたくさん瓦礫が見えるのです・・・。

お二人も無事であること、願っています。

そのうち、きっとまた食べに行きます!


きれいだった浄土ヶ浜に通じる道もおそらく津波によって破壊され、

当時見ていたレストハウスも再開不能の状態です。

自分たちが行った場所が被災するということは、やはり他人事ではありません。


スポンサーサイト




【2011/04/29 01:59】 | 普段の日記
トラックバック(0) |

コメントありがとうございます。
テルスター
>kAZ2号様

お久しぶりです。
お元気ですか?

とにかく、津波が襲った箇所のレールが引っぺがされてるんです。
波の力、水の力はかくも巨大だったのかと改めて思い知らされました。

仙台あたりの離島でも観光船を借りて定期運行が始まったようです。

失ったものは大きすぎますが、
ひとつずつ、着実に復活の足音が聞こえるのはとても嬉しいですし、
いつかまた、という希望が現実化するきざしは感動すらおぼえます。

今、じぶんにできることをやっていこうと思います。


それにしても列車に乗るのに苦労されてたんですね。
知りませんでした。
遠方への出張は大変ですね。
新幹線はある程度人との間隔ありそうなのですが、
結局隣の人と触れ合ってることありますしね・・・。
日中のとてつも無い眠気など、ありませんか?
立場上、治療に関しては申し上げれらないのですが、
お薬についてならいつでもご相談ください。


KAZ2号
千葉に居たころ無線仲間で気仙沼へ飲みに行きました
見学に行った宮城県漁業無線局は被災し泊まった民宿は跡形も無いそうです
江田島市が不要になり係船していたカーフェリーが大島汽船に貸し出され復興のために役立っているとの新聞報道に気仙沼や大島にエールを送りたい気持ちです

JRに乗るとパニック症状が起きるためパキシル飲んでいますが先日の東京出張は帰りがギリギリセーフという感じでした 鉄ちゃんが羨ましい
路面電車やバスは大丈夫なのだけど

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます。
>kAZ2号様

お久しぶりです。
お元気ですか?

とにかく、津波が襲った箇所のレールが引っぺがされてるんです。
波の力、水の力はかくも巨大だったのかと改めて思い知らされました。

仙台あたりの離島でも観光船を借りて定期運行が始まったようです。

失ったものは大きすぎますが、
ひとつずつ、着実に復活の足音が聞こえるのはとても嬉しいですし、
いつかまた、という希望が現実化するきざしは感動すらおぼえます。

今、じぶんにできることをやっていこうと思います。


それにしても列車に乗るのに苦労されてたんですね。
知りませんでした。
遠方への出張は大変ですね。
新幹線はある程度人との間隔ありそうなのですが、
結局隣の人と触れ合ってることありますしね・・・。
日中のとてつも無い眠気など、ありませんか?
立場上、治療に関しては申し上げれらないのですが、
お薬についてならいつでもご相談ください。
2011/04/30(Sat) 01:05 | URL  | テルスター #-[ 編集]
千葉に居たころ無線仲間で気仙沼へ飲みに行きました
見学に行った宮城県漁業無線局は被災し泊まった民宿は跡形も無いそうです
江田島市が不要になり係船していたカーフェリーが大島汽船に貸し出され復興のために役立っているとの新聞報道に気仙沼や大島にエールを送りたい気持ちです

JRに乗るとパニック症状が起きるためパキシル飲んでいますが先日の東京出張は帰りがギリギリセーフという感じでした 鉄ちゃんが羨ましい
路面電車やバスは大丈夫なのだけど
2011/04/29(Fri) 03:16 | URL  | KAZ2号 #q1cvaNjE[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック