FC2ブログ
3/11、患者さんに新しいお薬を投薬し終えた瞬間、それは起きた。

投薬中もなんとなくユラユラしてる感じだったが、

終わった瞬間とんでもない揺れが。

建物が免震のため、必要以上にゆれてる気がした。

目の前に止まっているトラックが半端なく揺れ、

電線、電柱もとんでもない揺れであることを示していた。

余震含め当日はずっと揺れた感じが止まらなかった。

店内のテレビは東北でとんでもない揺れを観測していた。

震度6強。

東京でも5くらいだったと記憶していて、

東京近隣で(あるいは直下型)ならまだそこまで驚かなかったが、

遠方で、600kmも離れた地での地震がここまで影響しているとなると、

現地はとんでもないことになっているな、と直感した。

なにせ、阪神淡路大震災も、岩手宮城内陸地震も体感したことがあるから・・・。


しかし、今回は揺れよりも津波での被害がこんなにも凄まじかったのかと

映像を見て思い知った。

町全体が消滅しているではないか。


当日、バスを乗り継いで帰ることはできた。

埼玉から出てきている人は結局薬局で"宿直"。

土曜から交通機関があてにできないので自転車通勤を続けている。
スポンサーサイト




【2011/03/12 22:33】 | 普段の日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック