FC2ブログ
MEINEL-WESTON 2011FA。

しかもハワードジョンソンモデル。

ベルにハワードジョンソンのTシャツロゴが入ってる。

3/4サイズのTubaとしては最高級品のひとつでしょう。

さすがにドイツ管、いい音してますねぇ。

ハワードジョンソンがデキシースタイルで使っている。

このオッサンはとんでもない奏者で、TubaがTubaらしくない、

主役張ってるんだからすごいもんです。

音抜け最高!音程ばっちり!明るい!

吹いてて気持ちいい楽器です。

実売100万程度。くぁ~。

捨てるほど金があれば買ってるな(笑)

ただ。

でっかいベルつけてるんで、重たい。3/4とは思えないほど。

4番ピストンが遠く、小指がつりそうになる。

親指のリングを手前にすれば変わるかな・・・。

もうひとつ。

BMシンフォニック。

型番忘れ。とりあえずBb管。

音の立ち上がりがもっさりしてる。

4/4だが、5/4並の太さを持つからか?

息を入れるとなかなか図太い音が出るではないか。

もったりした吹奏感ながら地を這うような低音は好ましい。

楽団のTubaとしては秀逸と思われる。

ただ、メッキにムラあり。


ついでにマッピも貸してもらった。

DSC_0028.jpgCONNのHELLEBERG

DSC_0030.jpgロメラ・ブラス ジョン・サス モデル

DSC_0031.jpgロメラ・ブラス セルジオ・カロリーノ

DSC_0032.jpgラスキー 30H

DSC_0033.jpgシルキー(型番忘れ)

2011FAにはロメラ・ブラスのジョン・サスモデルがとても良く合った。

明るく、反応性も良く、ソロ、アンサンブルに持って来い。

何よりペダルが半端なく鳴る!





とか言って~~。

今日はそんな高いもの買いに来たんじゃないよ~。



スポンサーサイト




【2011/02/27 23:06】 | 音楽
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック