FC2ブログ
本日の第一難関。

ソウル駅で国鉄の切符を買うこと。

片言の韓国語で『8:50のムグンファ 水原(スウォン) 2枚』と言うと通じましたよ!

ただ、そのあと韓国語で値段言われたときに分からずあわてていると、

やさしく英語で言ってくれました(^^;

ペラペラなレシート券のような切符くれました。

指定らしく、号車、席番が書かれています。

ムグンファ号。
ムグンファ号
(Canon EOS-1Ds + Voigtrander ULTRON 40mm F2)

より高速で走るセマウル号もありますが、"テツ"としては機関車牽引の客車列車に

興味惹かれるというもの。

と言うことで、ムグンファの向こうにセマウルが見えます。
ムグンファ号とセマウル号

列車横のサボです。釜山行き。
横サボ
(Canon EOS-1Ds + Voigtrander ULTRON 40mm F2)

およそ30分の鉄旅。

ほとんど市街地を走っているのでなんだかハングルがなければ日本とあまり変わらない感じ。

でも聞こえてくるのはハングルばかり・・・。

で、水原到着~。
水原駅
(Canon EOS-1Ds + YASHICA 24mm F2.8)

改札を出ると大きなドームみたいになっていて、とても明るかったです。

で。

小腹がすいたのでロッテリアへ。

海外に行って日本でおなじみのファーストフードを味わうのもいいですね。
プルコギバーガー
(Canon EOS-1Ds + YASHICA 24mm F2.8)

奥が通常のプルコギバーガー。手前は確か国産牛肉を使ったスペシャルタイプだったと。

手前のは確かにでかかった・・・。

味は確かにプルコギで甘辛い、でピリッとした、"あり"の味でした。

キムチの入ったライスバーガーが食べてみたかったのですが、残念ながら時間が早く

まだ食べられませんでした。

腹ごしらえが済んだら駅前の観光案内所へ。

華城(ファソン)への行き方、その後のバスターミナルへの行き方を聞き、

特にバスターミナルへ行くときのせりふを紙に書いてくれました。

ありがたや~。


初の韓国タクシーということもあり、最初は規範タクシーを利用。

『華城まで』

というと、なんだか鼻で笑われ。

距離が短いからか?

ま、いいですが。

とても接客教育受けているとは思いづらい。

これ以降規範タクシーは使わなくなりました。

華城。世界遺産なので結構外国人観光客も多いです。

華城門

華城
彩色がとてもきれい。

(Canon EOS-1Ds + Voigtrander ULTRON 40mm F2)

一巡して帰ってくると入ってきた門が閉まって出られない。

外からは音楽が聞こえ、掛け声が聞こえる。

何だ?

色々見ているとくぐり戸を見つけ、ここからなら出られると出てみたら、、、
華城
(Canon EOS-1Ds + YASHICA 24mm F2.8)

武術ショーの真っ最中でした。

暑い中、古代剣士(?)の衣装を着て演武するのは大変だったと思いますが、

とても迫力のある演術でした。

偶然にもいいものが見れてラッキーです。

歩いて八達門(パルタルムン)へ。
華城
(Canon EOS-1Ds + YASHICA 24mm F2.8)

中には行けそうなのですが、車がとんでもないスピードで走ってくるので

危なくてわたれませんでした・・・。

旅行雑誌などの写真は入り口前の唯一車が通らない三角地帯から撮ったものでしょうか?

門脇のコーヒー屋で一服。

何より湿度が高い!!!

日本よりひどい。

少し歩いただけで汗でビタビタ。

気持ち悪い~。

よりによって華城のどこかにミニタオルを落としてきてしまいました(T^T)
スポンサーサイト




【2010/08/23 23:43】 | 普段の日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック