FC2ブログ
何故に今頃、ということはさておき。

首記の件について、私なりの見解を示しておこうと思います。


・記載内容について

全て虚言ではなく事実であり、誹謗中傷には当たらないと考えています。

全てのメール、書類のやり取りを残しています。


・当該社の利用判断について

あくまでも私に起きた事実であり、当該社を利用するかどうかは

読者の判断によるものと思います。

私がどう言おうと使いたい人は使いたいでしょう。

私が言っている以上に素晴らしい会社であるなら、

口コミに左右されることもないでしょう。

また、他の掲示板への記載、頻繁なトラックバックなども行なっておらず、

他のサイトに於いて他の人の評価に対して反論もしておりません。

私なりの口コミ評価の一つであり、営業妨害には当たらないと考えています。

もし、これが営業妨害にあたるのだとすれば、

全ての口コミサイトに於けるマイナス評価が書けないことになると思います。

ましてや口コミサイトの方がどこの会社に対する評価かきっちり分かるように

なっていますから、それでもマイナスコメントに対して蓋をせず努力される

会社は伸びるのだと思います。


私は当該社の当時取った態度が法的に違反していないことを承知しています。

が…。

だからこそ、ここで叫び声をあげたのです。

私はミスを許さないのではありません。

ミスをしても誠心誠意対応してくれればそれでいいと思います。

面と向かってのきちんとした対話を望んでいます。

当時、もし逃げたとすれば残念です。

自社が間違っていようといまいと、会社の信頼感を損なわないよう、

どういう顧客に対しても誠心誠意対応する姿勢を見せることが必要です。


自分の新生活を始めるにあたっての最初をくじかれ、

本当は許したくない気持ち、不信感もいっぱいです。

でも、彼らからの誠心誠意の対応があるなら、話し合いたいと思います。


お金ではないのです。

気持ちなのです。

スポンサーサイト




【2010/08/13 13:25】 | 普段の日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック