FC2ブログ
なんだかなぁ、と思う。

影響が大きいから、と言うことで一民間の企業を国が支援するんだもんな。

大多数の民間企業は、

或いは借金抱えた自治体でさえ、

国から支援されることもなく、潰れるか、しんどい経営を強いるか、

選択しなきゃいけない。

勤めている人にはもうしわけないけど、一旦倒産しなきゃ、

わからないんじゃないかなぁ、

本当にどうしようもない状況になってるってこと。

他人事に感じてないだろうか。

給料だって今まで過剰にもらいすぎなんでないかと思ったりする。


自分たちのせいでなく、自然の脅威に負けてしまった高千穂高原鉄道など、

この会社救うよりはるかにコストをかけずに立て直せたろう。

鉄ヲタの国交省大臣なら、あえいでいる鉄道を先に救ってほしいもんです。


今や、どんな仕事に就いても『絶対』は存在しない。

雇われていて、毎月決まったお金をもらえること、

こんなにありがたいことは無い。


どうか、国が介入したからなんとかなるわ、という甘い気持ちでなく、

自分たちで何とかするんだ、という強い意思で給料削られても文句言わずに

再建努力をしてほしいと思います。

これからはストなんざもってのほか。

やろうもんなら"どうぞ、貴方の思う理想的な企業に行ってください"と

喜んで切ってくれる。

なんせ、ひとり切るだけで年間1千万とか、浮くわけだから・・・。


貴方たちが仕事の道具としている飛行機、その中の細かい部品は、

利益度外視で頑張っている小さな町工場から生まれている。

世の中には貴方たちよりもっと恵まれない状況でも一生懸命仕事をしている

人たちがいるんだ、ということを感じてほしいと思います。

スポンサーサイト




【2010/01/19 20:06】 | 普段の日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック