FC2ブログ
アイラモルトを飲むときに相性のいいのは、牡蠣(オイスター)。

しかし、薄給ではオイスターバーなんぞ行けやしねぇ(笑)。

近くのバーで冬季(週末)限定、三陸牡蠣を1個450円で食べさせてくれるところが

あったけど、今は休業中らしい。

そんな話をしていた矢先、妻が生食用牡蠣(パック詰め)を買ってきた。

どんなもんかなぁ、と開けてみた。

ちょっと、生臭い。

大根おろしで妻が処理してくれた。

ポン酢多めにしてくれたけど、やっぱり、生臭みが残る。

うーん・・・。

贅沢言うつもりは無いけど、やっぱり臭いと厳しいなぁ・・・。


で。

あるスーパーで、殻付き牡蠣が100円/個で売られているのを発見。

やっぱり殻付きでないとダメかなぁ、と後先考えず購入。


帰宅後、開け方(剥き方?)を模索したけど、分からなくて。

インターネットはこういうとき本当にありがたい。

丁寧なサイトがあり、おかげで開け方がわかりました。

食べてみたら。

パック詰めのものとは比べ物にならない、『磯の香』が。

やっぱりこうなんだなぁ、と。


14日に3個。

ついでに15日にも3個。


まだ、"綺麗"にはいかないけど、生きている牡蠣を見ると本当に綺麗。


お腹はどうやら大丈夫。

今はありあわせの道具でやってるけど、調べたら牡蠣用ナイフは安いものも

あるらしいから、そのうち"かっぱ橋"でも見に行こうかな。


この牡蠣に何をあわせるか、と言えば・・・。

やはり、スモーキーorピーティーなウィスキー。

今回はラフロイグを少し牡蠣にたらし、タリスカーを飲みました。

んんんんん~。

至福の時~^^。


あ、

どうしてもアイラモルトやタリスカーに気が行っちゃったけど、日本の牡蠣には

白州もバッチリだよな、きっと。

次は、これで。

スポンサーサイト




【2009/11/15 23:39】 | 普段の日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック