FC2ブログ
私は元々ウィスキーが好き。

シングルモルトのスコッチ、しかもアイラ(アイレイ)モルトが好きで、

特にラガヴリンの16年が一番好き。

大阪に住んでいるときからサントリーの山崎蒸溜所の工場見学が気になっていた。

以前亡くなった友人の千ちゃんと共に、蔵しっくコンサートなるものは聞きに行ったけど、

まともに工場を見たことはなかった。

16時まで、ということで15時くらいに入場(入場無料)したが、今日の見学ツアーは

ほとんど満席。最後の最後、ウィスキー工場、天然水工場のミニ見学ツアーになんとか

滑り込みセーフ。

それまでに博物館を見て。

化学の教科書に必ず出てくる『らんびき』。初めて実物見たなぁ。

アンクルトリス(知ってる?)のCMなども見ながら『人間なんだからナ』などと思いつつ、

ツアー開始を待って。

場内バス移動してウィスキーの樽貯蔵所と天然水の充填場を見学しました。

妻はウィスキー好きの私のことを考えて進んでハンドルキーパー宣言してくれて、

試飲の機会を私に与えてくれました。

白州は今まで飲んだことありませんでしたが、12年の水割りは確かにスモーキーな

残り香がしました。アイラ好きとしては山崎の香りよりも白州の香りが好き。


妻もとっても気になったようで、ミニボトルを飲み比べで三種類買って帰ることにしました。

・白州10年 ・白州12年 ・白州12年樽出し原酒

森の中にある蒸溜所で、華やかな香りも堪能できて、なかなか良かったです。


ただ。

こんなところに興味のない子供を連れてくる、そこの貴方。

うるさくて迷惑なんで、今度から遊園地でも行ってください。

ここはむしろ、大人の来るところだと思いますんで。
スポンサーサイト




【2009/08/07 17:08】 | 普段の日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック