FC2ブログ
<3日目>
行程:函館=(S白鳥)⇒青森=(レンタカー周遊)⇒弘前⇔青森(ねぶた)

さて、旅行も3日目、そろそろ疲れも見え出した頃ですが、そんなこと言ってられません。
まだまだメインイベントは残っているんですから!

この日は朝から青森へ移動するので、早々にチェックアウト、朝市を見学しながら駅へ向かい
ました。朝市、確かに活気があっていいのですが、なんか「商売第一」みたいな雰囲気が
見て取れて個人的にはちょっと敬遠したい印象。特に今は真夏。カニも冬に比べれば味は落ち
るし、会社の金沢近辺の工場に行けばおいしいもの買えるし・・・と結局素通りでした。

9時少し前のスーパー白鳥で青森へ。昨日と全く同じ道を引き返し。

11時ごろ、青森駅前でレンタカーを借ります。
おりしも7日は青森ねぶたの最終日。昼間運行と夜間の海上運行&花火でクライマックスを
迎えるとあって、最後の盛り上がりを見せていました。この日は晩の海上運行を見ることに
していましたので、ひとまず十和田湖に向かいます。
本日のお供はダイハツ「BOON」。

十和田湖は青森と秋田の県境にある観光地としてあまりに有名な湖。
ところが、ここに行くための交通手段は車・バスしかありません。JR花輪線の十和田南駅も、
十和田観光鉄道の十和田市駅も湖からは程遠いところにあります。青森から実に1.5時間。
青森から向かう途中、八甲田山ロープウェーの手前「萱野茶屋」にて昼食。そばを中心に。
おにぎりいただきましたけど、やっぱりおいしい!米どころの米はやっぱり違う!
この萱野茶屋で無料で飲めるお茶がありますが、これは1杯で3年、2杯で6年、寿命が延びる
そうです。3杯目は「死ぬまで生きる」と書いてありました。
それって?
???
・・・結局変わらんっちゅうことかい!思わずツッコみ(笑)。

十和田に到達する前に奥入瀬渓流を。奥入瀬は高校の修学旅行以来ですから、実に14年ぶり!
時を経ても渓流の清らかな流れは変わらず、保全が行き届いているんだなぁと実感。
奥入瀬渓流

とはいえ、夏休みに入って観光客も多く、併走する道路は停めるところに困った車がノロノロ
走り、道路環境はあまりよくありません。

さて、非力なBOONに鞭打ってやってきました十和田湖。
山間の自然に囲まれた湖で、メジャーな観光地であるにもかかわらず水質はとても綺麗な
ようです。湖底まで透き通って見えます。
遊覧船は片道のため、乗らず、ひとしきり見た後御鼻部山展望台までまた車を走らせました。
十和田湖

雲は多目でしたが、綺麗に見ることが出来ました。

さてさらに1.5時間ほど走って弘前へ。荷物をホテルにおいて、ねぶたのクライマックスを
見に青森へ電車で出発です。
スポンサーサイト




【2006/08/07 08:00】 | 鉄道
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック