FC2ブログ
さぁて、またもこまちにて盛岡へ、盛岡で山田線に乗り換えます。

山田線

この線区は鉄の中でも話題に上る有数のローカル線。
鈴木善幸氏の力で引かれた線ですが、上米内を過ぎると宮古まで
まともに停車する列車も数少なく、特に大志田駅は普通列車でさえ
通過する、一日に停車するのは4本足らずという超閑散路線

岩泉線と合わせて乗っておきたい路線ですね。

この日の快速リアスはなんとばっちりキハ5828の国鉄急行色!
彼女にすれば「だから、何?」の世界ですが(笑)。
クーラーなし!窓全開で乗れる!これぞローカル!
山田線


晴れているし、走行写真を撮らなきゃもったいない
だけど、ここまで来て乗らないのももったいない
あー贅沢な悩みだぁ(*^^*)

もー、鉄にとったら最高な車両で2時間のローカル線の旅です。

トンネルの繰り返しで開けっ放しの窓は少々つらいものがありました
が、都会にない気持ちいい風を感じられて嬉しい気持ちでいっぱい。
盛岡で乗車したほとんど満席の人たちは、ほとんどが宮古まで行く人
で、途中で降りる人は少なかったです。

宮古に着いたら大きな荷物をロッカーに預けてバスで浄土ヶ浜へ。
残念ながら曇ってしまって青空の下で見ることはできませんでしたが、
とても静かな、真っ白な綺麗な浄土ヶ浜の風景を見てきました。
浄土ヶ浜

思わず"石投げ"して遊んで(^^)。
おりしもその日は浜で"薪能"が執り行われて、舞台が設置されていま
したので、いつもと違う形だったのでしょうけれど。

その晩は以前列車撮影のときに何度か訪れた小さな割烹で新鮮な海の
ものをいただいて、満足して(価格はちょっと高かったけど)帰ってき
ました。




明日は、とうとう函館だ!
スポンサーサイト




【2006/08/05 13:00】 | 鉄道
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック