FC2ブログ
9月19日 (水曜)

とうとう、デンマークです。

今回の一番の目的地、スケーエンに向かいます。

港から、駅までフォルクスワーゲン、パサートワゴンのタクシーに乗りました。

運転はなんと女性。

駅でチケットを購入しているとスケーエン行きがちょうど出てしまいました。

次の発車まで小一時間あるため、ショップでサンドイッチとコーヒー牛乳(でかい!)を買って

朝ごはん。待合室で二人で食べました。

田舎町には似合わないような最新の真っ青な列車(ディーゼル)が来ます。

車窓には延々と続く田園風景。列車内には自転車をつなぎとめるフック。

スケーエンに着くころまでは晴れていました。

駅前の『ホテル プチ』に着くと、主人が暖かく迎えてくれます。

スケーエンの町のこと、細かく教えてくれました。

レンタサイクルのこと、美術館のこと・・・。

ガイドブックには何も書かれていない街ですから。

(なんと日本にいるときにスケーエンのガイドブックください、ってHPから申し込んだら、

本当に国債郵便で届きました!)

ホテル脇に小さなレストランがあったので、早めのランチ。

駅前でレンタサイクル借りて、岬まで行こうとこぎだしたらしばらくして雨が。

町の中にSKAGENショップを発見!

店長さんと色々話して、夫婦一本ずつお買い上げ~!

バッグも扱っていて、日本では手に入らなかったのでこれも買いました。

岬から帰ってくるまで預かってくれるとのこと。

雨が降っていたので、SKAGEN印の折りたたみ傘までいただきました。

クレジットカード決済にサインを記入したボールペンも。

岬に向かう前に折角なのでスケーエン美術館へ。

スケーエン派と呼ばれる、淡いタッチの絵はとてもすがすがしい気分にさせてくれました。

美術の学習か、学生さんの団体が来ていました。

その後、岬に向かうにつれ、風がきつくなります。傘がもたない・・・。

とにかく風がきつい。車で訪れる人がほとんど。案内所からトラクターに引っ張られて

岬の先端に向かいます。

ここが、来たかったSKAGENの岬なんだなぁ、と。感慨深かったです。

帰り。

土砂降りです。

SKAGENショップにたどり着く頃には濡れ鼠でした。

またもや店長さんから夜のレストラン情報を聞いて。

一旦ホテルに戻るとうそのように快晴に(笑)。

部屋のヒーターで衣類を少し乾かしたら、もう一度出かけることにしました。

欧米での高級リゾート地と言われるスケーエン、夏を過ぎると観光客も少なく、

夕暮れ時の港町はなんともわびしい感じ。

シーフードレストランで晩御飯。

ここで山ほどの貝を。

スポンサーサイト




【2008/10/15 12:47】 | 普段の日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック