FC2ブログ
20080623085826


この週末、妻は仕事(土曜出勤)と教習所(修了検定)と休みのようで休みでなかった。
私も、今後しばらく楽団の練習に行けないために、日曜は練習に。

となると、二人でゆっくり過ごす時間は土曜の夜と日曜の昼下がりだけ。

平日は共働きのためゆっくり過ごす時間もなく、休日くらいはゆっくり過ごしたいという
思いが二人のなかにあっても、やらなきゃいけないことはやらなきゃいけないわけで。

私も久しぶりに家事をたくさんした気がする。

日曜の昼下がり、修了検定の技能を合格してホッと一息の奥さんとつかの間のお茶。
以前葛飾区の観光本が出たときに見て気になったお店。水元にある、『達磨堂』。

雨がしとしと降る中、水元までドライブ。
駐車場に車を入れると、どっかで見たアメ車が止まっている。
鉄:『あれ、(奥さんの高校時代の友人の)O氏の車じゃない?』
妻:『まさかぁ~』
O氏は奥さんの高校時代のクラブの友人で、私も年一回の同窓会を兼ねたバーベキュー
に参加してよく知っている人。そのアメ車もそれなりに良く走っているから、その人と特定
できるものではないけど、なんとなくそんな気がした。

入るなり、
妻:『いるよ~(^^)』
出入り口正面の席でお知り合いと談笑されている。
こちらには全く気がついていない。
こんなお店も彼は知ってたんだなぁ。今度会ったら話してみよう。

さて、その達磨堂。
大きな木造家屋を改造したゆったりとしたお店。
ジャズの流れるそのお店は決して観光客があふれるのではなく、あくまでも地元の
方の行きつけの店、という風で、とても居心地のいいお店でした。

カウンターではマスターが忙しくコーヒーを一つずつ入れてゆく。
バックカウンターにはものすごくたくさんのカップが。
ああいうカップの一つ一つにきっと思い入れがあるんだろうな。

雨が降る、6月のちょっと忙しい日曜の、ちょっとした一息の時間。
スポンサーサイト




【2008/06/23 08:58】 | 普段の日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック