FC2ブログ
朝7時。

眠たい。

とてつもなく、眠たい。

けど、今日は私がずっとやりたかった6人での旅行。

正月料理をまともに作れそうに無い。

なら、みんなで"なんにもしない"年末年始もいいんじゃないか。

ということで、初めて、6人で年末年始を過ごすことになりました。

朝、家の紹介を兼ねて妻の実家に行き、朝ごはんをたらふくご馳走になる。

10時頃、旅行へ出発。

まずは茨城北部の袋田の滝へ。

まだ凍ってません。

大晦日ということもあってか、人もまばらでしっかり見ることができました。

お腹は朝ごはんしっかり食べたのでなかなか空きません。

お蕎麦、食べたかったんですがこれ以上食べると晩御飯に差し支えるので

食べずに、福島県矢祭町にある珈琲香坊へ。

ログハウスの中は薪ストーブが赤々と燃えて、とても暖か。

珈琲カップにもこだわり、豆にもこだわり、自分が珈琲出すならこういう店に

したいという憧れのような店でした。

さすがにどこも大晦日でお休みが多いため、早めに宿へ。

昨年11月にお世話になった高蔵内温泉へ。

今回も晩御飯の量が半端でない。

一人当たり白菜半分って(笑)。

でも、どれも野菜主体で本当においしい料理で。

なんと年越し蕎麦も用意していただけるということで、ありがたい限りです。


こうやって4人の親と一緒に過ごせる大晦日。

そして明日の元旦。

きっと今まで両親は(特に母親)大晦日も夜中まで家事をし、決して楽ではない

年末だったでしょう。今回初めての"何もしない"大晦日。

楽しんでもらえたかなぁ。


紅白を見ながら外を見ると、石川町にあまり降らないといわれる雪が。

どんどん積もって。

明日はきっと真っ白だ。


夜。

寝るときに6人で過ごせたことが嬉しくて、少し涙が出ました。

スポンサーサイト




【2009/12/31 23:55】 | 旅行
トラックバック(0) |
この年末、私は29日まで仕事。妻は28日まで。

反対に年始は、妻が4日から仕事。私は5日から。

ということで、二人で休みなのは30日から3日までと、大変短い期間。

こうなったら、と、年末年始を結婚以来実家以外で過ごしたことの無い両親に、

こっちで(正確には旅先で)過ごさないかと秋帰省の際に打診。

おおよそOKで、あとは飼ってる犬の問題だけ。

結局ペットホテルに押し込むのも気が引けるらしく、30日~1日の3日間、こちらで

過ごすことになりました。


妻は29日休みだったため、一生懸命掃除してくれました(感謝!!)。

今日は朝から夜ご飯の仕込み。

12時ごろ両親を迎えに東京駅へ。

無事に会えた後、すぐに携帯電話の交換。

今の携帯がメール一通送ると電池切れになるほど限界の状況です。

提出書類の不備がちょっとあったので時間はかかってしまいましたが・・・。


夜。

洋食をほとんど食べない親のために和食中心メニューを妻と二人で頑張りました。

程なく燗酒でいい加減に酔っ払った親父は就寝。

夜中からお袋による着物着付け講座が始まりました。

結局1時過ぎまでやっていて、私自身も寝床に入ったのは3時半(笑)。

明日朝から妻の実家に行って、そのまま旅行なのに・・・。


早く寝よう。


【2009/12/31 03:35】 | 普段の日記
トラックバック(0) |
今日は朝から千葉某所にてフリマ。

とりあえず準備して向かって、フリマの準備して、妻を残してホームセンターへ。

まず、ヒューズを交換。

ほかも点検したけど、結局切れていたのは一箇所。

ナビ裏のヒューズを交換しようと確認したら、どう見ても切れていない。

ということは車に触れたのはヒューズの前部分が当たったんだな・・・。

ナビ裏のヒューズケースが簡単に開かないよう、念のためビニールテープで

簡単に巻いておきました。


ついでにここでUSBケーブルを接続。

うーん、化粧板がハマらない(当たり前か)。

少し溝を作ってケーブルを前に出せるよう細工しよう。


ひとまず修理完了です。


【2009/12/27 23:03】 |
トラックバック(0) |
といっても、東京電力が、ではありませぬ。

車が、です。

ナビのオプションである、USBケーブルを購入しておいたんですが、取り付けていなかったため、

ヘッドユニットを外して裏側を確認。

横着してバッテリーのマイナスを外していませんでした。

ヘッドユニットがほぼ出てきたところで少し引っかかり感が。

『ん?』

ここでもう少し引っ張った瞬間。

『パチッ!』

と火花が散り、室内灯が消えた・・・。

すぐにペンライトで確認したら、ナビのヒューズカバーの閉め方が甘かったらしく、

口をあけており、この中の金属むき出しになっている部分がボディーにあたり、

めでたくショートしたらしいのです・・・。


幸い、室内灯とキーレスだけがダウンしたらしく、そのほかは大丈夫でした。

まずはナビ裏の処理。

一応ヒューズカバーをしっかり閉め、一旦おさめて。

今度は恐らく切れていると思われる車側のヒューズを確認。

先にヒューズを購入したのがまずかった。

ヒューズのサイズ間違えた(笑)。

とりあえず、明日治すことにしよう・・・。


【2009/12/26 22:12】 |
トラックバック(0) |
今日は朝から運転席側の処理。

先日2日もかかってしまったから不安です。

でも、原因はブチルゴムのはがし方にあったので、ネットで色々検索。

ガムテープを使ったり、あるいはケミカルは最後の手段という形だったり、

参考になりました。


結局、19日、20日に続いて作業時間はトータル4時間にて。

写真は・・・。

撮ってるヒマ無かったですよ(笑)。


とりあえずこれで左右のバランスが取れるようになりました。


まだ音が硬いですね。

どうしてもグリルが邪魔をしているような聞こえ方です。

何とかしたいなぁ。

【2009/12/23 18:57】 |
トラックバック(0) |
とは言うものの、結局ひとつのドアに2日かかってしまった。

なんだかなあ。

一日目、ブチルゴムに四苦八苦。

ごってり部分が本当に取れない。

参りました。

とりあえず許せる範囲で終了。
20091220211559

二日目の今朝からデッドニング開始。

制振材貼って、吸音材貼って、鉛テープ貼って、オトナシート貼って。

途中でシーラントも塗りました。
20091220211554
20091220211556
ドアが今までの1.5倍くらい重たく感じます。

スピーカーはバッフルサイズがぴったりでなかったので、

当面今の物を使用、代案思いついたらやることにします。

今日はここまで。

運転席は23日朝からやります。

【2009/12/20 21:16】 |
トラックバック(0) |
あまりボンゴフレンディのスピーカー交換など書かれていないので、

記録のようですが残しておこうと思います。


今日は、とある事情で早く帰りましたので、作業はできないにしても内張り外しの

予行演習(?)と内部確認をしました。

ドアノブと取っ手部底の見えるネジ2本、表面のキャップ付きネジを3本外します。

下のほうは5箇所程度プラスチックのピンで止まっているので室内側へ引っ張ります。

今度は上部が同様にプラスチックピンで2箇所ほど止まっているので上へ持ち上げる

ように引っ張ると固定具が全て取れます。

ドアノブを少し斜めにして穴から外し、ウィンドウスイッチのコネクタを外せば

取ることができます。

外したドア側。
20091217230923


外した内張り裏側。
20091217230921


まず、予想以上にブチルゴムが多そうで、はがすのがとても大変そうです。

ただ、凹凸が少ないため、鉛テープなど貼り付けるのはそれほど大変ではなさそうです。

内張りはポケット部が別パーツでできているため、シーラントを結構使わないといけない

かもしれません。

今回交換するスピーカー。
20091217230918


今のスピーカーカバー裏側。
20091217230925


なんだか変わった構造になっています。

どうやら、音をドア内に漏らさないよう、1cmくらいのボール紙で作られた筒をスピーカー

周りにつけているようです。

と言うことは、その分かさ高くなっても大丈夫と思います。バッフルは1.5cm厚、いけそう。

しかし、問題はそのスピーカーグリル。

パンチ穴だけではなく、強度維持のために別パーツですが裏側がこんな斜めの支えが

入っています。これではせっかくの指向性ツィーターが死んでしまう・・・。

このグリル、プラスチックで溶着されているので厄介です。外したいなぁ。

少し考えてみます。

今日はここまで。じっくりいじるのは明後日です。



【2009/12/17 23:09】 |
トラックバック(0) |
なんとか、無事に、この冬のボーナスは出ることになりました。

夏は一銭も無しでしたからねぇ・・・。

で。

かねてからの懸案だったナビ(およびオーディオ)の更新を妻もOKしてくれたので、

今週末に付け替えをします。

あわせてスピーカーも交換することにしました。

せっかく自力でやるので、今回は生まれて初めてデッドニングを自力でやってみようと

資材をかき集めました。

今回お世話になったのは、『森の中のオーディオ屋さん(シティロード(株))』

こちらで用意されている『店長お勧めデッドニング9点セット』。
20091217001644
(左から、吸音シート1枚、制振シート2枚、鉛テープ4枚、軍手1組、はさみ一丁、
ブレーキパーツクリーナー1本、オトナシート5枚×2、へら1本、サウンドシーラント1本)

エーモンからもセットは出ていますが、鉛テープが無かったりします。

その点、こちらは初心者向けに必要と思われるものを店長が厳選してすべて組み合わせて、

それも低価格で販売してもらえるんですね。

このセットには同梱されていなかった、
20091217001642
内張りはがし(エーモン)。

これも同時に購入。全部マイナスドライバでやると内張りが傷みそうなので。。。


あと、ボンゴフレンディ用のバッフルボードを発見。

しかもやわなプラスチック製ではなくて、木製のしっかりしたもの。

ぱっと見たクリアランスではそのまま使えるかどうかは不明ですが、使えるならしめたもの。
20091217001637
(ウッドペッカー=ナガシマ 製)

また、これに打ち込む鬼目ナットも準備。
20091217001640
(八幡ねじ)

ここまでは順調に準備が進みました。

スピーカーはこの週末にナビと同時にいただく予定です。

今回はカロッツェリアのTS-J1610Aをチョイス。

唯一ボンゴフレンディへの取り付けを保証しているためです。

また、音質も割と良いとのうわさで。

ただ、C(セパレートタイプ)と悩みましたが、初心者による配線が大変そうであること、

予算の都合からコアキシャルタイプにしました。

なんせ、ボンゴフレンディの場合、ドアの内張りはあまり厚くなく、

ドアミラーのところもガラスであるため、ツィーターを載せるのはダッシュ上に

限定されてしまいます。ということはクロスオーバーユニットをどこに置くかによって

変わりますが、ウーファーのために一旦ドア側の作業の後、ツィーターの配線を車内に

戻して設置する必要性が出てきます。これは大変。


今週末までは日中に時間がとれず、作業できないため悶々としています。

あ~早く作業したい!


【2009/12/17 00:16】 |
トラックバック(0) |
痛ましい事件が起きた。

釣り人が高波にさらわれて行方不明になってしまった。

お一人は残念ながら遺体となって無言の帰宅となった。

趣味で危険を冒すこと、それは決してカッコイイことではない。

男のロマンでは決して無いのだ。

趣味は万全を期して安全に行い、無事に家に帰る着くことこそ、楽しく、

家族にも理解されるもの。

"やってはいけない"ことはしてはイケナイのだ。

鉄道写真を危険な場所で撮ることも厳禁。

サイクリングで危険な箇所を走行することも厳禁。


万全を期した上で起こってしまった業務上の殉職とは違うのだ。


残された知人、家族の悲しみは測り知れない。

捜索費用は莫大な金額になっているだろう。

自分の趣味など危険とは程遠いが、練習所の行き来で事故を起こしてもいけない。



立入禁止、と言われている場所には、どんなに"甘い蜜"があっても行くべきではないのだ。

行くべきではない"何か"があると思ったほうがいい。

うまくいったらもうけもん、の考え方は『男なら』捨てるべき。

【2009/12/14 23:05】 | 普段の日記
トラックバック(0) |
長野編、と書いてるけど、結局これから頻発しそう(笑)。

妻が、大事にしていた傘を失くしてしまった。

このため、クリスマスプレゼントで長野に傘買いに。いつもの三河屋洋傘店へ。

金曜日の夜から長野に突っ走る。

今日の宿はいつもながらの車中泊。小布施PA(ハイウェイオアシス)にて。

きっと冷え込むから、とまだ寝袋のない私たちは羽毛布団まで積み込んで、

用意するときは夜逃げさながらでしたが。

フレンディの2列目、3列目をフラットにし、銀マットの上にカインズのマットレス。

毛布を1枚と、ブランケットのようなものを足元において、更に羽毛布団。

寝るときは温かい下着(上下)とタートルネック、セーターを着たまま寝ました。

おかげで寒さ知らずで快眠いたしましたよ。

しかし、羽毛布団を一々運ぶのは本当に大変なので、そろそろ寝袋考えないとな~。


あさ、小布施PAの朝市で野菜とりんごを購入。

その後、三河屋へ。

いい傘がたくさんあって、迷う迷う(笑)。

今回の妻チョイスは明るい黄色の傘。内側に模様。

今度は失くさないでね(^^)。


今回初めて、本当に初めて、善光寺にお参りした。

高校の時に冬のスキー合宿で来て、夜中の善光寺を見ただけ。

中に入ったのは実は生まれて初めてでした。

大きい!

これほど大きいとは。

時間の関係もあって、中の観覧はしませんでしたが。

門前の地元のおばさんが惣菜も作っている地産地消のお店で、野沢菜を見かけました。

2kgで250円。

こんなに安いのか~。

少し裏手でおばさんが菜切り包丁で野沢菜を裁いている。これから漬ける前処理だそう。

おみやげ物の野沢菜だと日持ちするように"色々"入っているので、地元の人は買わない。

当然おうちに漬けたものがあるので、買う必要も無いでしょうけれど、そりゃ、そうだよなぁと。

ここでいただいた"おやき"がめちゃめちゃうまかった!

今まで"おやき"にときめくことは無かったけど、ここのはおいしかったな。

店によってぜんぜん違うんだな、と。


昼食は、以前、結婚記念日に行った安曇野『あ・うん』にランチを食べに行こうと。

15時までなので急がないと。

1,380円でこれだけのランチが食べられるところはそうない。

おいしいランチをゆっくりいただいて。


その後、立ち寄り湯をどこにするか考えて、松本市近くの浅間温泉・枇杷の湯へ。

前回行ったときは驚くほど人が多かったのに、最もシーズンオフなのか、とても

少なくて驚きました(善光寺もそうだったんですが)。

リニューアルした温泉プラザが開館したから分散したのかな・・・。

上品なお湯でゆっくりつかりました。


夕方には長野を離れ、夜は買ってきたばかりの野菜で鍋を。

白菜、ネギの甘みがしっかり出たおいしい鍋でした。


やっぱり、長野はいいなぁ!


【2009/12/12 23:20】 | 旅行
トラックバック(0) |
よく、『**専用』と書かれているグッズや衣類などがあります。

この、『**専用』はクセモノで、これがつくだけでかなり価格が上がってしまう。

例えば、"サイクリング専用"のグローブ(手袋)。

これ、私はホームセンターで売られている荷役用のグローブを使用している。

手のひら側は牛革、手の甲はメッシュになっているので、こけて手のひらをついても

ケガをすることは無いし、夏場はメッシュなのであまり蒸れない。

一人分かなり安い価格で手に入る。何より耐久性が抜群。

ただ、"おしゃれでない"だけ。

私のように、そこまでサイクリングにファッション性を求めないのであれば、

必要十分な機能があれば安いものでいいと思う。

工具もホームセンターで汎用のものをそろえれば安くあがる。

競技を目的としない私のようなサイクルスタイルなら、多少軽くなくても大丈夫。


これからの季節、耳を隠すのにどうしようかと思っていたら、案の定"サイクリング専用"で

2,000円位するイヤーウォーマーを発見。なんでも軽さにこだわったんだとか。

でも、フレーム無しの耳だけカバーするものを980円で発見。これが使えるなら、コストは1/2。

フレームは無いので、当然、軽い。


『○○専用』神話はこだわらなくていいんじゃないかなぁ。

まぁ、"おれはこれだけ金かけてるんだゼ"という自己アピールなら是非していただきたいと

思いますが、私と同じような思いを持っている人は是非ホームセンターを覗いてみてください。

きっとアイデアが転がっているはず。



【2009/12/07 22:33】 | 自転車
トラックバック(0) |
20091205014649
サンライズに乗車。

仕事自体は17:30くらいには完全に終了してたんですが、

実家にある本をどうしても手元に置く必要があって、

あさりに行ってましたよ。

明日は明日でやること多いので、始発か何かで、と思いましたが、

朝の弱い私がそんなに早く起きられる確率は寝台急行『銀河』が

"無条件復活"するほど困難なことですので、夜行考えました。

少し気になっている深夜特急バス、「プレミアムドリーム」に

一席だけ空きがあることを確認したんですが、

少し前に"ぎっくり腰"やってしまった私としては

慎重にならざるを得ません。

実家の最寄り駅から出るバスも間もなくなくなるし、

何より安い事が良かったんですが、腰への負担軽減を優先しました。


しかし。


28分遅れ。

ガックシ。

回復運転するのかなあ。

ハイボール飲んで、早く寝よう。
えー。

見事に回復運転してました。

東京着定刻。

おもくそ、寝過ごしました。

通算2回目。

気がついたら東京駅で止まってた(笑)。

慌てて着替えて。

駅員が催促しに来ました。

昨日の朝早かったから、眠りこけてたみたいです・・・。



追記を閉じる▲

【2009/12/05 01:46】 | 普段の日記
トラックバック(0) |
20091205010204
しばらく前に姿を消した"11番ホーム"。

かなり工事が進み、10番ホームから見ることができます。

何だか京都駅0番ホームのような雰囲気です。

駅ビル直結なんですね。

大阪駅北口再開発もかなり姿が見えてきました。

【2009/12/05 01:02】 | 普段の日記
トラックバック(0) |
20091205005424
今年の出来栄えはいいらしいと聞く。

いつもなら少しは売れ残るこのワインも、

今年は時期を逃すと本当に見当たらなかった。

私はウィスキーならある程度分かるけど、

ワインは全くと言っていいほど素人。

違いは幸い家に2008年があるので、飲み比べてみよう。


今日は新しい2009年を。

赤いというよりも濃い紫。

とても綺麗な色。

夕食と共に、その後はチーズと共に。

ワインとチーズ、合うということが初めて分かった気がする。

美味しい。

とても飲みやすく、チーズによって甘く感じられる、

新鮮なジュースのイメージ。

さて、2008年はいつ飲もうかな。

【2009/12/02 22:54】 | 普段の日記
トラックバック(0) |