FC2ブログ
20090528192020
使用:通勤
天候:晴れ

<行き>

  距離:10.13km

  平均:19.7km/h

  最高速度:29.3km/h

  走行時間:30'56"

<帰り>・・・サイクルコンピュータ職場に忘れた orz

  距離:だいたい10km

  平均:?km/h

  最高速度:?km/h

  走行時間:??'??"


>日合計距離:20.13km

>積算距離:40.6km


『本日の一枚』という写真を貼り付けていきたいけど、今のところ余裕がなくて・・・。

夕方の清洲橋がとても綺麗です。

少しずつ慣れてきました。前輪のショックの受け方も少し分かってきました。

明日は雨の予報なので、一旦チャリ通はお休みです。

(基本的に悪天候はスリップなど危険性が高いので、夫婦ともチャリ通はしないようにしています)
スポンサーサイト




【2009/05/27 23:03】 | 自転車
トラックバック(0) |
本日よりサイクルメーターを買ったので、記録していきたいと思います。

使用:通勤
天候:晴れ

<行き>

  距離:10.27km

  平均:19.7km/h

  最高速度:33.1km/h

  走行時間:31'19"

<帰り>

  距離:10.16km

  平均:19.5km/h

  最高速度:34.5km/h

  走行時間:31'16"


>日合計距離:20.43km

>積算距離:20.5km

【2009/05/26 19:55】 | 自転車
トラックバック(0) |
楽しくなってきた。

5月16日、17日に購入してから一週間が過ぎた。

17日に初乗車。夜のサイクリング。全行程で13kmくらい。

18日から早速通勤に使用。片道9kmくらいで往復18km。

19日も18km。20日は妻の実家寄って帰ったので、25kmくらいかな?

21日、22日は出張や雨の恐れで使いませんでした。

その反動か、23日には赤坂まで。片道17kmくらい?約35kmくらいだろうか。

24日はちょっとした買い物に江戸川サイクリングロードを。往復15kmくらいかな。

24日のサイクリングでは片道20分程度だったから、きっと車で行ってもあまり

変わらない時間。なら、自転車で十分やんか、です。

さすがにビールとかは重たくて買って帰れなかったけど(笑)。

自宅に帰って晩御飯までの間に近くの酒屋に買出し。

折りたたみ自転車がノロく感じてしまった・・・。かえってしんどいな。


こうなると、サイクルメーターが欲しくなるな。

ということで、行動の早い妻はアマゾンで購入。ありがとう。

明日くらいからマメに記録つけていこうかな。


【2009/05/24 23:42】 | 自転車
トラックバック(0) |
20090522164932
都内中心部でたまに見かける"これ"。

大きさはまちまち。

なにかご存じでしたら、どなたか教えてください。

【2009/05/22 16:49】 | 普段の日記
トラックバック(0) |
20090521210624
だと思う。

自転車。

いや、"なぁんだ"じゃないよ。

化石エネルギー一切使わず動くわけで。

ダイエットも兼ねてエコカー通勤始めてみました。

先日静岡で買った『PINARELLO TREVISO』。

詳細はまた書こう。

あまり他にない緩やかなカーブデザインが気に入っている。


会社まで片道約10km。

普段考えていると遠い気がするけど、全然イケるもんで。

妻は土手沿いの比較的車、人通りの少ない道を行ける。

私は幹線道路一直線。

かなり気を遣う道なので、そのうち違う道を開発しよう。

【2009/05/20 20:39】 | 自転車
トラックバック(0) |
今度は長野。

7年に一度の御開帳とやらで渋滞とすごい人。

あぁ。

長野に来てまでなんでこんな人に囲まれないといけないんだろう・・・。

決して他意はないけど、わざわざ人ごみにもまれるために善光寺に行く気はさらさらなくて。

三河屋洋傘店に直行。

今日は傘の骨が曲がってしまったので、修理をお願いしにきました。

『いやぁ、昨日、一昨日あたりからお客さんに好かれちゃってねぇ、大変だよ。』

と北澤さん。

でも顔はにこやか。

どうやら"出世傘"を初めて購入した男性に、

『これもね(鉄男の傘を指して)、出世傘なんだけど、この生地はもうないんだよねぇ』

と説明したり。

どの傘にも愛着のある、北澤さん。

お客さんもひと段落したところで、

『さてと、じゃあぼつぼつ仕事しますかね』

と骨を直しに奥へ。

『直す間、善光寺さんでも行っておいで』

と。

善光寺は先ほどのとおり、ひどい混み方。以前から天然木一枚板の机がほしいので、

材木を扱っている店へ見に行くと、処理済の木が30万という超高額で販売されていて。

いや、

もう、

おなかいっぱいです。

材木店で処理されていないものなら数万円で買えるそうですので・・・。


綺麗に直された傘を受け取って、

『今回だけは無料だよ、次回からお金取るからね』

となんともうれしい心遣いをいただいてお店を後にする。


川中島合戦場あたりで中華そばをいただいて。

その後、どうするか決めていなかったけど、結局鎌田窯・境さんに教わった、

別所温泉・野倉というところにある喫茶店を目指すことにした。

携帯で探すと『茶房パニ』というところらしい。

雪深いため、冬場は冬眠する珍しい喫茶店。

別所温泉までは普通の道だったけど、別所温泉を過ぎて野倉まではかなり道が狭い。

部分離合困難箇所あり。

本当に自然の中に、そのお店はありました。

ご主人(佐々木氏)の作る器で出されるコーヒー。

手作りと分かる椅子や建物。

すごいです。

本当にすごい。

アフリカに影響を受けたのか、デザインがとてもアフリカチック。

時間の流れが止まったかのよう。

来にくい場所であるにもかかわらず、休日ということもありお客は絶えませんでした。


で。

その後。

やはり初日に見た器が忘れられない、ということで松本に向かうことに決定。

県道ならぬ、険道177号・12号を通り、松本に向かいます。

案の定、妻は助手席でぐったり。車酔いしたみたひ・・・。ごめんね。

『憩の森』の器をいただいて、浅間温泉『枇杷の湯』でお風呂に入ったら、夕食。


松本市・大手にある『te ha te(テハテ)』を目指したのですが、開店時間の19時過ぎても

明かりがついていません。仕方ないので別の店、『ぶたや』へ。

韓国家庭料理の店。

どうやら通常より客が多いらしく、初注文までずいぶん待たされましたが、

チシャ、えごまの葉で巻いて食べるトントロは今までの食べ方を覆す、最高の味でした。

いやぁ、おいしかった。

一人前がかなりの量があるので、二人だと品数が頼めず残念でした。


21時過ぎから高速に乗り、帰って来ました。

途中2箇所程度3kmくらいの軽微な渋滞だけで、2時くらいには家にたどり着きました。

それとは別に事故も目の当たりにしましたけど・・・。



本当に内容の濃い、3日間でした。

人との出会い。

人との語らい。

いつも長野は受け入れてくれる、そんな気がします。

Iターンを真剣に考え出した今、いっぱいいっぱい考えたいと思います。


旅先で手に入れた物たちを見ながら、余韻に浸るとしますか。


【2009/05/06 02:48】 | 旅行
トラックバック(0) |
さて、2日目。

朝から妻の運転で須坂に向かう。

1月、同じように"思い立った長野旅行"で訪問したときにダンボールいっぱいのりんごをくれた

鎌田窯の境氏に会いに行きました。

前と変わらぬ笑顔で迎えてくださいました。

私はここでめし椀をいただきました。

世間話もあわせて、やはり2時間があっという間。

みのりの二代目と13時の約束だったから、その辺のコンビニでぱっとすませて。

須坂に何度も来ているのに、落ち着いて町並みを見たことがない。

今回はみのりの二代目が強力助っ人!

ぼたもち石や土台の石の見方から、蔵の基本を教えていただき、

クラシック博物館で古い住居の説明をいただく。

なんとも奥深く、興味深い。

今聞いたことがすぐに町並みの家々の見方につながって、とても面白い。

二代目の頭の中は本当に引き出しがたくさんあって。

こちらもあっという間の2時間でした。

仕込み前の忙しい時間、あるいはつかの間の休み時間を私たちのために割いていただき、

本当にありがとうございます。

別れた後、須坂のお味噌(千日味噌)を購入。

小布施のいつも行く『BUD』にてコーヒーと珍しくスパゲティをいただいて、また須坂にとんぼ返り。

この日、なぜか小布施がすごい人。小布施も観光客が少なければいい町なんだけどなぁ。

須坂温泉、古城荘にてお風呂。

本日の宿、『魚なか旅館』にチェックインしたら臨戦態勢(笑)。

みのりで『みのり焼きパーティー』だ!

みのり焼きと梅割で至福のひと時。

マグロの腹身刺し、カツオ刺しも最高。

ノビルもおいしかったな。

タン、トロもらって・・・。

毎度のことながらおいしかったです!

また、また、絶対きます!

ほろ酔い気分で(ここ大事!)、今回は気持ちよく就寝いたしましたから。


あ、帰りにピノ買って帰ったっけ。

明日は長野。

【2009/05/04 22:59】 | 旅行
トラックバック(0) |
もうね。

しんどい。

ストレス、ぱんぱんよ。

ストレスが一杯になると、長野に行きたくなる。

妻も一緒。

私は上司が信用できなくなり、

妻も職場での環境が変わり、

もーストレスだらけ!

最近は酒の量も多くなって(笑)。

5月2日の夜中(正確には3日)に長野に向けて出発!


<1日目>

3時45分ごろ自宅出発。

ってか、仮眠も1時間~2時間とごっつい少ないけど、長野に行ける気分で

ナチュラルハイ ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

諏訪で事故渋滞。

アメ車のトラッキンがキャンピングカーと共に横転。

下り坂、右にカーブしているところでこうなっているのを見ると、

きっとスピードの出しすぎで牽引していたキャンピングカーが曲がりきれずに横転、

引きずられて運転していたトラックも横転。

運転していたのは若いにーちゃんら。経験はまだまだかな。

あんまり粋がってそんな慣れんモン運転すると、そうなるよ。

で。

今回初の松本市探訪。

松本到着は6時過ぎ。

仮眠取るにも、どこで?

少し走らせて安曇野の道の駅で仮眠を取ることに。

丁度子供の日が近いということもあって鯉のぼりが菜の花畑に映えて、アルプスも見えて、

とてもいい気分。

道の駅では農産物が一杯。

いや、まてまて。

これから3日間は車移動、今買うと鮮度が落ちる・・・。

苗なんざ、100円しないんだから!


本日は松本市内、ギャラリーめぐりの旅です。


・1軒目『ゆこもり』(浅間温泉)

少しひなびた温泉地、浅間温泉の真ん中にその店はあります。

行き着くにはちょいと慣れが必要ですが、通行困難箇所ではないので。

古民家、座敷を使ったそのお店は本当に驚くほど自然の静寂に満ち、

涼しい風と小鳥のさえずりがとても良いアクセント。

その中に数多く展示される田中一光氏の作品。

常設展も含め、時間を忘れるほど落ち着いた雰囲気でした。


・先に、お食事。『かかし』

前回の旅の最後に寄ったかかし。

塩ラーメンが食べたくてお昼はここに寄りました。

妻は塩ラーメン、私は辛味つけめん。

塩ラーメンは変わらぬアッサリ味。

辛味つけめんはすっぱ辛い斬新な味で、サンラータンのような感じ。


・2軒目『憩の森』

松本市街を見下ろせるような高台にある公園の傍にある憩の森。

ギャラリーと喫茶を併設。

桜井芳孝氏の特別展示をしていた。

葡萄や藁など、釉薬の灰を駆使。

強めのコーヒーをいただいた。

妻がカフェモカの器を気に入った模様。


ホテルにチェックイン後、市内(主に中町)を散策。

訪問した店数知れず。

『ギャルリ灰月』
・・・内藤美弥子展「白のかたち」開催中。
  普通の白磁の一部が"焦げて"いる。少しの茶色がなかなかいい感じ。
  でも、高かった_| ̄|○

『クラフトショップ吾木香』
・・・手作り陶器、古美術磁器、木工などが所狭しと並んでいる。

『中町・蔵しっく館』
・・・大きな展示会場以外にも奥、2階にも小さな展示会場あり。
  村地忠太郎氏の曲げ物、いい味出してたなぁ・・・。

『貸しギャラリー・蔵みーる』
・・・陶器と木工の展示。
  アラビア数字をモチーフにした陶器デザインはなかなか面白かったな。

『グレインノート』
・・・松本では灰月とならんでかなり有名なギャラリーのよう。
  うつわと野草画二人展開催中。
  野草画がとても繊細でいい色でした。
  一階の注文家具、良かったけど手が出ないな・・・。

『ガルガ』
・・・中町から少々歩いて美術館の裏。小さな蔵を使っている。
  『おうち展』開催中。
  小さな、小さな家の置物はなんとも愛おしい感じがしました。

ここまで見ると結構お腹一杯で。

ふぅ。

松本、初めて来たけどあなどれん!

その後ホテルに戻り、提携ホテルの大浴場につかり、はしご横丁へ。

連休のせいか、あまり人通りもなく簡素なうら町。

でも、そのおかげで観光客のほとんどいない夜を過ごせました。

酢味噌あえの刺身は妻のお気に入り。

私は日本酒に酔ってました(笑)。

いい気分で一日目が終了。

明日は須坂に移動です。


【2009/05/03 23:57】 | 旅行
トラックバック(0) |
なんかねぇ。

いつのまにやら結構あるんだな。

冷蔵庫の中にはチンザノの赤、ドライヴェルモット、あまりに薄く感じる焼酎の「端麗」。

冷凍庫の中にはジン(ゴードン)、ズブロッカ。ジンがもうなくなってきたから買い足さなきゃ。

で、もちろん炭酸水とトニックウォーター(!)常備。

もともと洋酒がすきなんで、ウィスキーがそれなりにある。

 マッカラン12年、25年。

 ラガヴリン16年。

 タリスカ10年。

 クライヌリッシュ14年。

 ダルモア(シガーモルト)。

 オールドパー。

 ク・デュー。

 ニッカのモルトクラブ。

モルトクラブは2本あるけど一つには樽のかけらが入っているので、全然別の味になっている。

バーボンは、クレメンタイン、エライジャクレイグ。

ライウィスキーは、オールドオーバーホルト、サゼラック(18年)。

ブランデーはポールジローが"なぜか"ある。

リキュールはシャルトリューズ(ヴェール)。

なんと、アブサント(エクストリーム)もあったりする。

あとは昨年つけた梅酒が数種、芋焼酎数種、甲種焼酎も。

本気のバーには足りないものたくさんあるけど、真似事はできそう(笑)。


先日、妻の友人が来訪。

なんと珍しくもシャルトリューズとアブサンをご所望(笑)。

ずいぶん気に入っていただけたようです。

【2009/05/02 23:01】 | 普段の日記
トラックバック(0) |