FC2ブログ
相変わらずの珍道中。

今回は金沢。
私は会社の工場が金沢近辺にあるのでよく行くけど、妻は初めて。
よく行くったって、観光してるわけじゃないから私も初めてに近いんだけど。

<3日>
とき、はくたかを乗り継いで富山・高岡へ。
はくたかはババ混み。直江津で降りた人が多かったけど。
高岡から城端線に乗り継ぎ、砺波、チューリップ祭りへ。
さすがに100万本のチューリップは圧巻。本当に綺麗でした。
数年前にオランダに行ったけど、そのときは時間が合わず、結局見られなかった。
こっちの方がすごいかもね。

その晩は小松で宿泊。初めてカウンターの寿司屋『秀寿司』に入った。
おいしい。確かに、おいしい。
値段?うん、1人約7,000円。さすがに、いい値段しますね(^^;)。
とはいえ、恐らく東京で食べれば10,000円越えるんでしょうけど。
恐るべきは『ガス海老』。
東京(もちろん大阪でも)聞きなれないその海老は、北陸でしか味わえないといいます。
甘エビよりも甘く、ねっとりとした身は、『まいうー!』。

<4日>
朝から山中温泉へ。
温泉目当てではなく、器の店へ。
山中温泉『いずも堂』。
九谷焼の地元作家を中心の品揃えで、若手も多く取り扱う。
山崎悠里さんという作家さんのスープボウルに一目ぼれ。2セットご購入。
山中漆器祭りも偶然開催していたので、大き目の椀を買い、金沢へ。
金沢で荷物を置いたら、東茶屋町へ散策に。
小さな範囲の旧家屋の立ち並ぶ一角です。
京都と錯覚するほど落ち着いた雰囲気がなんとも良かったです。

夕食は金沢から北陸鉄道に乗って終点、内灘というところにある『プラムダイニング』。
少し高台にあるお店からは金沢の夜景が遠くに見える、ちょっとした隠れ家。
料理はどれも美味。海産物のものは特においしかった。
バスが電車と連絡しているので、バスにさえ乗れば帰って来れます。

<5日>
朝から曇り。
午後には雨も降り出すというから、今日は市内散策。
朝は21世紀美術館へ。ロン・ミュエックという人のシリコン造形を目近で見て、ドキドキ。
その後新竪町、竪町のお店を見ながら、外れの『遊くらふと』という器屋へ。
小さなお店ですが、置いているものはすばらしい。
岩崎さんという方のポット、一つお買い上げ~。
金沢駅近くのデュークというお店でカレーを食べて、午後の作戦会議。
午後といってももう3時。そろそろ雨も降り出した。
いまさら、兼六園もなぁ、ということで、津幡の"スーパー銭湯"(笑)へ。
向かうころには雨が本降り。おまけに風もひどいから横殴りで。
お湯に入ってまったりしたら、金沢に戻り、夕食。

本日の夕食は金沢駅下、『黒百合』。
大阪で働いているころ、上司と入ったのが初。
寄り付きカウンターはいつも混んでいる。
おでんがおいしいし、なんせ地酒が310円/一合で飲めるのが嬉しい。
ガス海老も値が張ったけど、最後に食べて。
しこたま飲んで、寝台特急『北陸』で速攻寝て帰りました。

その晩虫歯がかなり痛んだので、熟睡は出来なかったけど(TT)
スポンサーサイト




【2008/05/06 20:30】 | 鉄道
トラックバック(0) |