FC2ブログ
20080331084707


時のわすれもの。
この不思議なネーミングのお店はお花茶屋駅から歩いてすぐのところにある。
最近発売されたるるぶのムックで知った。

さすがに満開の桜を見たくて水元まで行った帰り、何か甘いもの食べたいなぁ、
ということで気になっていたこの店に来た。

雨のせいかもしれないが、人通りの少ない商店街の途中にその店はあった。
でも、入り口は少し入ったところだから、すぐに見つからない。

入り口はオーナーさんの丹精こめて育てた花で一杯。
ひっそりした入り口から階段を上がっていくとすばらしいユリの香りが立ち込め、
お店のドアを開けると思ったより明るい内装。

それもそのはず、内装はオーナーさんが一生懸命手作りされた漆喰で内装を
仕上げられている。家具なども全て手作りだそうだ。

コーヒーセット(750円)を頼む。
妻がチーズケーキ、私がジューシーオレンジケーキ。
チーズケーキにはあわ立ててすぐのホイップクリームがたっぷりと、イチゴ、
バナナ、オレンジが添えられている。オレンジケーキはオレンジジュースを
たっぷり含んだマドレーヌタイプケーキにカットオレンジがたくさん。で、バニラ
アイスクリーム。二人とも飲み物はコーヒーで。

私たち以外にお客は二人。
どうやらお昼ご飯を食べに来られたよう。

本当に静かな空間で、ゆっくりした時間が流れ。
こんなところに、こんなにいい異空間があったとは・・・。

最後はオーナーさんの素敵な笑顔でお見送りしてもらった。
また、来よう。
スポンサーサイト




【2008/03/30 16:47】 | 普段の日記
トラックバック(0) |
20080329205149
20080329205147
怪しい。
店からして怪しい。
門前仲町のカレー屋。

普段ならちょっと入るのをためらうけど、昼ご飯が少しかさんでしまったため、低価格である必要が。
ラーメンは昼食べた。
最近牛丼屋系も何回か食べた。晩飯にハンバーガーもなぁ。
などと考えていたら、この店が。

カレー400円。
安い。確かに安いが、あまりに暗い照明と、決して綺麗な外観でない独特の雰囲気。
妻同行ならまず入らないだろうその店で、コロッケカレーを食べてみた。

レンジで温めたらしいが、キチンと温まって熱いくらいのコロッケと、通常より少なめのカレー。
500円なり。

味は意外にも(失敬!)普通にうまかった。
外観だけなんとかすればもうちょい客入るかもなぁ…。

from D905i

【2008/03/29 20:51】 | 普段の日記
トラックバック(0) |
20080328130242
桜がもう満開ちっくです。
いつもなら3月末くらいからなのに、今年は早いですね。
今週末は花見が多いでしょう。
写真撮りに行かなくちゃ。

【2008/03/28 13:02】 | 普段の日記
トラックバック(0) |
20080328084104
久しぶりに新店舗の開拓。
青砥駅前に気になっていた店があったので入ってみた。
割と若い女性が厨房に入っていて(奥さん?)、珍しい印象。
店内は清潔でカウンター約7席、四人掛けテーブル2つ。

ベースは豚骨。
私は香味、妻は塩。
豚骨ベースだけど臭みがなく、飲みやすい。
香味は豚骨醤油にエシャレット炒め油を浮かし、
チャーシューもう少しバーナーであぶって香ばしさをプラス。
適度な熱さで飲みやすく、麺は中細ストレートで味が
濃くなりにくく個人的にはなかなか美味しく感じました。

妻の塩は豚骨+魚介系+ゆずスープ。以前本八幡にあった
「麺屋くろおび」を彷彿とさせる味わい。
くろおびは鶏ガラだったけど、豚骨ベースでここまで
あっさり感を醸し出すのはなかなかです。こちらも
中細ストレート麺。塩はモンゴル岩塩らしく、塩辛さ
だけが先に出ないまろやかな味わいでした。

まだ味噌やつけ麺もあり、ぜひまた来たい店です。

【2008/03/27 22:51】 | ラーメンのうまい店
トラックバック(0) |
銀河が消えた・・・。
東京⇔大阪を結ぶ寝台急行『銀河』。
新幹線の最終より後に出て、始発より先に着く、ビジネスライクな列車でした。

私は本当に良く使いました。
大阪へ行くときも、東京へ行くときも。

A寝台1両と後は全部B寝台という本当にシンプルな編成で、ヘッドマークも無い、
本当にビジネスライクな列車でした。その無愛想さは決して旅の楽しみを演出する
わけでなく、ただ、寡黙に大阪と東京を結ぶ一つの列車でしたが、その地味さが
なんか親近感があって大好きでした。

大阪で応援演奏があって、楽器抱えて寝たこともありました。
接待の後、そのまま寝っ転がって気がついたら大船だったこともありました(笑)。
環状線などが遅れて、大阪駅で私一人を待っていてくれたこともありました(涙)。

いろんな意味で思い出深い列車です。
同時期になは・あかつきも姿を消しましたが、10回以上利用したこの列車がなくなる
のは本当に寂しい限りです。

決して乗車率は悪くありませんでした。
50%以上はあったと思います。
毎回1階ベッドがほとんど埋まるぐらいでしたから。
もっと閑散とした夜行列車もあると思いますが、それに比べればいい方です。

客車の耐用年数をはるかにオーバーして使用していたり、JR東日本にとっては
通勤時間にかかるときに銀河ではなく東海道線の通勤列車を1本でも多く走らせ
たいでしょう。

さようなら、銀河。
ありがとう、銀河。
最後の雄姿は見れなかったけど、何回も乗った思い出は忘れません。

いつか。
いつか。
復活してくれることを夢見て。

【2008/03/15 23:36】 | 鉄道
トラックバック(0) |
3月2日で一つの区切りをつけました。
数年来お世話になってきた楽団から身を引くことにしました。
楽団員である以上、義務が発生します。
行事参加、そしてそのための練習・・・。

自分にとって楽団は気楽にできる休日の楽しみ。
ですが、通うのに往復3時間もかかって、練習時間も3時間。
家を6時間も空けるのはあまりに長すぎるわな。
おまけに楽器がでかいから車での移動が必然で、ガソリン代や、
有料道路代など、コストもかかってくるし・・・。

少し現実的でない趣味は趣味として認められないだろうと思います。
なにより家族あっての趣味。
趣味を先行させることはしたくありません。
(否定しているのではなく、自分の中では、ということです)

自分にとって居心地は決して悪くなかったけど、やっぱり奥さんが
大事です。

今度は自宅近くの楽団でお世話になる予定です。

色々お世話になりました。
また、いつか、帰ることもあるだろうけど。

【2008/03/03 18:28】 | 音楽
トラックバック(0) |