FC2ブログ
フォクトレンダー
ドイツ語で書いたらVOIGTRÄNDER
元々ドイツ出身のブランドだったけど、カメラの歴史の中でそのブランドが日本に受け
継がれたのは珍しいことだったと思う。
現在はCOSINAというレンズメーカーの一つのブランド名となっている。

CONTAXやCanonのLレンズなど、写りのいいレンズというのは大体一声10万は超える。

でも、COSINAはレンズから(ガラスから)全てを自社製造できる稀な会社で、いいレンズ
を供給してくれるのに、その価格は実売5万そこそこまで。

Nikonマウントやねじ込み用M42マウントのSL(一眼レフ用の意味)レンズはごく最近まで
作られていたので、結構玉数が多い。しかし、CONTAXマウントやその他カメラ会社の
ものはごく初期だけ作られたようでなかなかない。

そんな中、たまたま見かけた二つのレンズ。

・ULTRON 40mm F2 ASPHERICAL(中古)


・APO-LANTHAR 90mm F3.5 CloseFocus(棚ずれ新品)


見かけたその場ではフォクトレンダーの知識がなく、全くどのような写りをするのか分からず、
一旦家に帰ってから調査。
欠点のレポートがかなり少ない珍しいレンズのよう。
何より、評価とつりあわないくらい価格が安い。プレミアがつきそうなもんだが、それもない。

結局、当初90mmだけにするかと思っていたけれど、40mmも大概いいレンズだという話も
あり、両方を購入。(価格としては90mmの方が新品のクセに安かった(笑))

ステンレス、アルミのレトロな雰囲気もマニュアルフォーカスに合っています。

撮ってみたら・・・。
色がとても濃い。
びっくりするほど。
Kodak現像しただけだけど、Velvia現像したらとんでもないことになってるんではない
だろうかとちょっと心配です。
ピントはかなりあわせやすく、20Dでも分かりやすかった。
しかも出来上がったデジタルを見ると、恐ろしくシャープなピント。
これはすごい。
常々Lレンズでもなんだかはっきりしないピントだったのが、それはそれはとんでもない
ピントの正確さ。惚れます(笑)。
スポンサーサイト




【2007/05/10 18:25】 | カメラ・写真一般
トラックバック(0) |
Tubaの部品のこと。
どういうわけか、高価い。
どこかって?

Tubaのロータリーがこうあって、

ロータリーのロッドをつなぐ部品、


これ。
これのこと。

全長2cmくらいのこの部品、いったいいくらすると思います?
4,800円ですよ。
 
4,800円。
 
高価過ぎ!

これ、プラスチック製で、張り合わせ成型されているため、使っているうちにショックで
割れてきてしまいます。

このジョイント、全部で8個ある。
以前にも2個割れて大阪在住時に交換。このときはまだ1個2,500円くらいで、
「全部交換で2万円はちょっとキツいなぁ」と思ったのだが、いつの間にやら4,800円まで
容赦ない値上げ。

今回、また1個に割れが出たため交換。
それぞれ次回割れないように金属製に交換。
もうね、つぎはぎ。
それでもまだ5つも残ってるよ・・・
えーと、さらに25,000円コースですか!あぅ。

ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!

初めっから金属製にしてくれりゃいいのに。。。orz

【2007/05/08 02:32】 | 音楽
トラックバック(0) |


KAZ
なるほど・・・ 楽器の構造までは
良く分からないけど、数が必要
というのが辛いですね

実は・・・
テルスター
単純に見えて、中身はボールベアリングが入っているんですよ。
ドイツ産だから高いのかな?
圧着端子くらいならほんと、助かるんですけど・・・。

この部品
KAZ
圧着端子に似ていますね
http://www.jst-mfg.com/product/detail.php?series=341
これなら一つ10円単位(笑


コメントを閉じる▲