FC2ブログ
失敗した・・・。
今日までに提出しなきゃいけなかった資料が、遅れてしまった・・・。

商社にも怒られ。
先方にもあきれられ。

引継ぎ事項で不完全だったというのはあまりに言い訳もはなはだしい。
意気消沈。

あーぁ。
今日は早く寝よう・・・。
スポンサーサイト




【2006/06/30 18:30】 | 普段の日記
トラックバック(0) |
夏の旅行に行くことにしました。
今回は8月の頭に北東北、中旬に南東北。

結局東北ばっかりかい!

北東北でプランを考え、じゃ、宿が空いてるかなーと調べにかかり
ました。
1日目:宮古⇒OK
2日目:函館⇒OK
3日目:青森⇒・・・?!
ない、ない!
青森という大きな町なのに、しかも平日だというのに、なぜない!
よく調べてみれば、青森全体「ねぷ(ぶ)た」の真っ最中
青森をはじめ、近隣の都市・温泉はどこもない。ましてや空いていて
も室料まで倍ほどする有様(T_T)。

後で地元の方のHPを見ますと、やはり個人で部屋を押さえるのは
至難の技らしいです。そのころになると、旅行会社が一気に押さえて
しまい、単発の旅行者にはなかなか当たらないようです。

なんとか弘前にビジネスホテルっぽいところを確保。なんとか旅行を
成立することができそうです。

あとは指定券。これさえ取れれば旅行は成立です。

【2006/06/30 12:55】 | 鉄道
トラックバック(0) |
普段はほとんどシングルモルトスコッチばかり飲んでいるのですが、
久しぶりにブレンデッドを飲むことに。

駅前の行きつけの"下町バー"で前回エドラダワー10年を入れてもらい、
5ヶ月ほどかけてゆっくり飲み干しましたが(笑)、次を何にするか・・・
そう考えて後ろのストック棚を眺めておりました。

ん?
めったに見ないカティサークの瓶があるなぁ・・・。
カティサーク

上には、バランの17年?

マスター、どーしたのさ?
曰く、
カティサーク12年→たまたま見かけたので。
バランタイン17年→頼んだのにいっこうに姿を見せない客がいる。

おいおい、頼んどいたらちゃんと来いよぉ~^^;。

今回はレアではないけどめったに見ないカティサーク12年をチョイス。

久しぶりに飲んだけど、こんなにアイラの感じがしたかなぁ。と。
ピート香でなく、スモーキーフレーバーが残る感じです。
ボウモアだったっけな・・・。

忙しくてなかなか行けないけど、またいくよ~。

【2006/06/27 19:49】 | 酒のおいしく飲める店
トラックバック(0) |
ラーメン好きです。
好きなだけで、語れません(笑)。
普段は千葉在住のため千葉関連が多いのですが、最近東京方面も何か
ないかと物色しだしました。
とはいえ、行列が嫌いな性分のため深夜にやっているところがメイン。
食べに行ったお店のメモ程度ってことで。
---------------------------------------------------------------
烈士洵名@文京区

住所: 東京都文京区西片1-15-6
TEL: 03-5684-2263
営業時間: 11:00-翌2:00
座席:カウンター3席、テーブル4人×3(うちひとつは畳席)
休日: 月曜
メニュー: 拉麺 650 信州白味噌麺 750 ぶためし300 他
(チャーハンセットなどもあり)

この日はデフォルトのラーメン(細めん)を。
一緒に行った連れは白味噌(太麺)を。
能書きでは魚介系、豚骨・鶏がら系、醤油のブレンドだとか。
醤油は確かに魚介系が強く、しかも黒麦の麺のためむしろラーメンと
いうより信州そばを食べているかのような雰囲気。フッと香る柑橘系
のさわやかな香りがさらにアッサリ感を増強します。
白味噌はまったく性質が違い、ほとんど魚介系の匂いがしません。
むしろ「白味噌豚骨」といったタイプでしょうか。甘く丸い口当たり
の味噌と臭みのない豚骨がマッチした味噌でした。

通常、醤油・塩・味噌などのスープが複数味ある場合、基本のスープを
共用することが多いですが、ここはそれぞれにそれぞれの単体スープを
混合するという本当に手間のかかる手法で仕上げておられます。
メンマでなく、ごま油で味付けされたエリンギも特徴です。メンマより
歯ざわりは柔らかく、かつ、しっかりしているものでした。

ひとつ贅沢を申せば。
どんぶりが特殊形状なので、スープがすすりにくい(笑)。

ちょっと立ち寄る、という位置ではないのですが、夜遅くまで営業さ
れておいでなので、また何度か行くことでしょう。

実食ミシュラン:★★★★☆

【2006/06/26 19:32】 | ラーメンのうまい店
トラックバック(0) |
ラーメンを紹介しているサイトは多く、私の感想なぞ知識も薄いし
とるに足らないもの。

ですから、ここではどこへ行った、場所はどこか、値段的にどうか、
そういう自分の食べ歩きメモ程度で書いておこうと。

【2006/06/26 18:12】 | ラーメンのうまい店
トラックバック(0) |
ここ最近、猫が発情期で。
ウルサいだけならともかく。
どこの猫か知りませんが、モータープールにおいてある私の車のボンネットに足跡がくっきり!
おまけに洗車してみれば爪の跡まで・・・。

あー、文句の言って行き所がない・・・。
契約、換えないといけないかなァ・・・。

【2006/06/25 23:23】 |
トラックバック(0) |
犬吠埼02

千葉に住んでからこっちもう2年になりますが、まだまだ行ってない所は数多く。
この犬吠埼もそのひとつ。
以前から「行ってみたいなぁ」とは思っていましたが、なかなか機会が無く。少なく見積もっても
潮来のICから1時間はかかってしまう距離ですからね。

24日の朝(というか、23日の夜から)ちょっとゴタゴタがありました。
話の決着はつきましたが、モヤモヤした気分をリセットしに、
「そーだ、一緒に海、見に行こうか?」
突然の誘いにはさすがに「なんで?どこ?」という至極当たり前の質問が飛んできましたけど(笑)。

内房なら近いけど、夕方になれば結構混むし、と思ったので犬吠でした。

おりしも丁度満ちる時間帯で、かなりの波しぶき。
本当、海は何時間見ていても飽きません。
同じ波は二つとしてない。
細かい泡がまるでメレンゲの泡のようで。

鉄としては当然銚子電鉄も捨てがたい。
で、銚子-犬吠の往復は銚子電鉄で。
銚子電鉄

丁度風鈴電車で800型古豪ががんばっておりましたので、釣り掛けモーターの心地よい音と、
油引きの木の板床、なんともすばらしい20分の旅でした。

何をした、と言うわけでなく、ただ海を見に行った。
なんだか、意味の無い行動のようで、実はとっても大事な時間だったんじゃないかと思いました。

【2006/06/24 22:08】 | 鉄道
トラックバック(0) |
いや、珍しくもないことなんですけど。
私、とんでもない肩こり持ちなんです。
週末になればなおさら疲れがたまって。
北海道旅行で行ったススキノのサウナで、マッサージのおばちゃんから、
「モミ応えのある肩!今度来たらまたやらせてね
と言われるほどで・・・(ーー;)。

自分の肩がこる

こる場所がわかる

ここ揉んでホシーイ!」って思う

他人へのマッサージをして喜ばれる(-_-;)
⇒握力ちょっと強めなんで。

同類の"肩こり人"がちょっとでも楽になるのはとってもいいことなんですが、
自分の肩はいつまでたってもほぐされない・・・。
ちなみに知人にやってもらうんですが、力が足りずに返って欲求不満で(爆)。
マッサージもいいんですが、やっぱりお金かかりますしねぇ。

たぶん、
誰かに肩ほぐしてもらえたら、
きっと幸せな気分になれるんだろうなぁ・・・。

【2006/06/23 19:05】 | 普段の日記
トラックバック(0) |
銀座パノラマロゴ


行ってきました、バー銀座パノラマ
ブログのタイトルの由来、IKKI連載の「鉄子の旅」で紹介されていたお店です。
鉄道と酒が一緒に楽しめてしまう、なかなかのスポットということで気になっていたのですが、
銀座という土地柄、足が簡単に運びませんでした・・・。

カウンターメインの小さなお店ですが、カウンターの上では2週ごとに変わる鉄道模型が4編成
走っています。鉄道談義に花を咲かせるも良し、模型を眺めて一人でゆっくり時間を過ごすも
良し。朝4時まで開いていますから、夜明かしにもよろしそうです。

スタイル:バー
席:カウンター約10席、掘りごたつ(座敷)約8名
1杯あたりの価格:標準1,000~1,500円
チャージ料:あり(いくらだったか控えておらず・・・)
バーテンさん:3名
営業時間、場所などは上記リンクHPでどうぞ。

ドライマティーニの感想
ジン:タンカレー、ベルモット:ノイリープラット(ドライ)
オリーブ:あり(種つき)、レモンピール:あり
オーソドックス、かつ非常に飲みやすいタイプでした。
私の一番好きなスタイルでした。
レモンピールが若干きつい感じでしたが、それもまた特徴かと。
鉄道模型レイアウトに隠れて手元が見えなかったのがちと残念。

とても接客がよく、初めてのお客でも気兼ねなく入ることができます。
鉄道もお酒も好きな人はぜひどうぞ(^^)。

【2006/06/22 13:19】 | 酒のおいしく飲める店
トラックバック(0) |
いやぁ、サーバが重いとかなわない・・・。
せっかく書いてもまともに更新されないし。

_| ̄|○i||i

だんだん書く気が薄れてしまいました

さて、これからばりばり書けたらいいなぁと。

訪問してくださる皆様に"読んでもらえる"ブログを目指して。

【2006/06/21 17:31】 | 普段の日記
トラックバック(0) |